老眼を放置した場合に起こる問題点とは

40代を過ぎると、遅かれ早かれ多くの人に老眼の症状が出てきます。
目の水晶体の力をふり絞ってみても、老眼は始まりを遅らせることはできず、
目の調整力が低下して近くが見えづらくなってきます。

老眼とは、目の老化のサインとも言えますが、
年を重ねれば誰しも老化は避けて通れないものです。

しかし老眼になったまま何もせずに放置したら、
どの様な症状が起こってくるのでしょうか?
その問題点について詳しくご紹介したいと思います。

老眼とは?その原因について

五感の中で、もっともすぐれた器官である眼は大切にしなければいけません。
できるだけ長く眼を健康に保つことで快適な生活を続けることができます。
そのため、老眼の原因やしくみを知ることが必要です。

老眼の始まる時期

多くの人は40代前半頃より老眼が始まります。
そして60代位まで進行し続けます。

そこで老眼の始まりや進行を少しでも遅らせることで、
普段の生活に支障が起こらないようにすることが、まず大切ですね。

老眼の原因

老眼の始まりは目から30cmほど離れたものが見えにくくなりますが、
これは、加齢とともに目の中にあるレンズの役割をする水晶体の弾力性が、
低下して固くなってくることや、水晶体を支える毛様体筋が衰えてきて、
ピント合わせの機能が低下してくるためです。

老化のみが原因ではなく、加齢による血行不良や自律神経のバランスが崩れてくることも、
老眼の原因の一つとなっています。

日ごろから、生活習慣を改めて、
老眼の進行を遅らせるようにしましょう。

老眼の初期症状について

老眼が始まったことに気づくのが、細かい文字が読みづらくなって、
以前よりも目から離さなければ読めないことに気づいたり、
近くから遠くへ、遠くから近くへと距離の違うものを見るとき、
ピント合わせに時間が掛かっていることに気づいたときではないでしょうか?

また少し薄暗くなっただけで、文字が読みづらくなったりすることもあります。
老眼は加齢に伴う老化現象であると言われますが、
そのまま放置するとどうなるのでしょうか?

またトレーニングを行えば、老眼の進行を遅らせることができるのでしょうか?
目がかすんだり、まぶしさを感じたりするするのは目の疲れから来るものですが、
目の老化は、血行不良や自律神経の異常、過度のストレスが大きく関わっています。

身体の老化に関係する活性酸素も大い老眼の原因となっています。
活性酸素が増えすぎると細胞や組織を傷つけて老化を早めます。
このようなことを考えると、
目の老化は身体の老化が大きく影響していることが分かります。

トレーニングなどで老眼の進行を遅らせることができますが、
老眼にならないようにはできません。
しかし、生活習慣を正しくすることで老化の抑制にはなります。

目の老化を遅らせる生活習慣をご紹介しましょう。

  • バランスの良い食生活
  • 目を休ませる
  • 十分な睡眠
  • ストレスを溜めないこと
  • 軽い運動をする
特に食生活に気をつけることは大切で、
目に良いとされる栄養素のビタミンやアントシアニンなどが、
多く含まれている食品を意識して多く摂取するようにしましょう。

老眼予防に効果のある代表的な栄養素と食べ物をご紹介しましょう。

ビタミンA

目に良いとされるビタミンAは抗酸化作用が強く、老化を防いでくれます。

  • 牛・豚・鶏などのレバー
  • にんじん、ほうれん草、かぼちゃなど緑黄色野菜
  • シソ、パセリ、バジル

ビタミンC

水晶体の健康を保つ働きや、目の粘膜を作ったりする働きをします。

  • レモンなどの柑橘類
  • キウイ
  • ブロッコリーやほうれん草

ビタミンE

血行の促進や、疲れ目に効果があります。

 

  • ナッツ類
  • アボガド
  • モロヘイヤ

ビタミンB1

水晶体や毛様体筋の代謝を高めます。

  • 豚肉
  • うなぎ
  • 牡蠣

ビタミンB2

角膜や網膜の健康を維持します。

  • 納豆
  • 牛乳

アントシアニン

黒豆や黒ゴマなど黒い食べ物には、
老眼の予防や回復を助ける働きをする成分が入っています。

ルテイン

ケールやブロッコリー、ほうれん草など、緑黄色野菜に含まれています。
強い抗酸化作用で老眼の進行を遅らせます。
ルテインが不足すると白内障になりやすくまります。

放置すると現れる症状とその問題点

目がかすむ・しょぼしょぼして小さな文字が見えにくいなど、
老眼の初期症状を感じだしても、
ただの眼精疲労と自己判断して、何もせずに放置したままと言う人がいます。

特に女性は加齢での老眼は、年老いたイメージになるため、
老けてみられるのが嫌で、老眼になったことを認めたくないと、
眼科にも行かず老眼鏡を掛けることを嫌う場合があります。

その他の老眼放置の理由には、
痛みが無いために放置してしまうと言ったケースもあります。
しかし、初期の段階では痛みがないかもしれませんが、
そのままでいると、色々なところに不調が出てきます。

老眼になり見えにくいの我慢して、無理やりにピント合わせをしていると、
眼精疲労、頭痛、肩こりなど健康被害がでてきます。

見えづらいことで、目をしかめてみることが増えるため、
目が疲れやすくなってくることがあります。

吐き気などの症状が出るのは、毛様体筋が緊張し続けていることで起こり、
その緊張を取り除くことが必要です。

老眼放置で更なる影響が起こる

そのまま老眼を放置し続けることによって、
更なる悪影響が起こる場合があります。

例えば、食欲の低下や吐き気に伴う栄養障害や、
美容的にも、栄養状態の不調でシワが増えたり、
肌の状態も悪くなるなど、あちこちに影響が出ます。

食欲低下における栄養障害

老眼を放置することで、見えづらく目が疲れると言った症状が長く続くことで、
肩がこる、頭痛がする、吐き気を起こすなどの辛い症状が起こります。

これらは食欲を低下させる大きな要因となり、
進行すると栄養障害にも繋がる恐れがあります。

老眼の進行を遅らせるには、必要な栄養素が多くあるため、
栄養障害を起こすことは食い止めなければいけません。
その為には、老眼が始まりだしたと感じたら、
目の状態に合わせた老眼を使用し、目を疲れさせないようにして、
食欲の低下が起こらないようにしましょう。

美肌の影響

老眼で物が見えにくい場合、目を細めて、
目と目の間を狭めて見ようとしませんか?
この習慣は、額にシワを作る原因となります。

増して、栄養障害などを引き起こすと、
お肌への影響は大きく、肌荒れなどを起こします。
美肌を保つためには、栄養素は多いに関りがあり、
老眼の進行を遅らせる栄養素と共通点が多いことを知っておきましょう。

例えば、ビタミン類などは目の老化を遅らせる作用が有ると共に、
血行促進や潤いなど美肌への効果も多くあります。

老眼を放置していることで、
気づかぬうちに、どんどん老け顔になっているかもしれません。

転倒など思わぬ事故を引き起こす

高齢者が事故を引き起こすのは、バランス能力の低下だと考えられます。
このバランス能力は視力の低下が大きく関わっています。

そもそも二足歩行を行うためには、
視力がバランスを保っています。
その視力の低下こそが、目の焦点調節や動体視力の低下を招き、
平衡感覚が保てず、転倒を引き起こします。

老眼の進行に影響のある網膜も、
人間の概日リズムを整える影響を持つ細胞です。

日中は活力がみなぎり、夜には体が休養するように、
代謝を落とすなどの働きをサポートしています。
年齢と共に概日リズムを整えるために、網膜が届く光の量が落ち込むため、
網膜も大切にする細胞の一つだと考えられます。

そのため、老眼による網膜の老化も、
身体そのものの老化に直接的に関わっています。

認知症引き起こす

高齢者の視力低下が、認知症を引き起こすリスクが極めて高いと言われています。
老眼が始まりながら治療や処置を行わないでいると、
活動の範囲が狭まり、社会との関りが減少することがあると考えられます。

その為、脳の活性化つながる機会が減少し、
認知症を引き起こしやすくなるとも考えられるのです。

たかが老眼と考えて放置することで、
視力の低下だけの問題ではなく、生活の質をも変化させて、
認知症を進行させることもあると言うことです。

交通事故のリスクも

老眼は視力低下を伴った目の衰えです。
老眼のケアを怠り、そのまま車の運転を続けるようなことがあれば、
交通事故を起こすと言うことも注意しなければなりません。

車の運転において、最も大切な注意力の低下と、
動体視力の低下や視野が狭まるなどが交通事故を起こす原因と考えられます。

わき見運転や他のことを考えていたなどの理由もありますが、
高齢者の交通事故の原因は、やはり視力の低下が重要です。

高齢になり車の運転を続けるのであれば、
まずは老眼を放置せず、ケアを行い、目に応じた老眼鏡を使用することが、
事故を防ぐことに繋がります。

まとめ

老眼を放置することで、生活にさまざまな支障を起こします。
取り返しのつかない事故にも繋がる恐れがあります。

目の衰えを感じたら、少しでも早く眼科を受診し、
適切な処置や老眼鏡を作ることをおススメしたいです。