ブルーライトが視力に与える悪影響と予防方法

近年、パソコンやスマホの普及で、

ブルーライトによる視力への悪影響が心配されています。

もちろん、老眼で目の疲れなどが強い人には、

ブルーライトの影響は非常に大きく、

年齢の若い人にも、ブルーライトが原因によるスマホ老眼が流行っています。

そこで今回は、ブルーライトが視力に与える悪影響や、

老眼への影響について詳しくご紹介したいと思います。

ブルーライトとは

パソコンやスマホなどのLEDディスプレイや、

LED電球に多く含まれているブルーライトは、

波長が380から500nm(ナノメートル)の青色の光を指します。

もっとも紫外線に近く波長は短く強いエネルギーを持つ光で、

網膜まで届きます。

パソコン・スマートフォン・タブレット・ゲーム機などのジタルデバイスや、

LED照明の普及で、ブルーライトは身近なものとなり、

目がブルーライトと向き合う時間が長くなっています。

液晶画面に発光ダイオードがバックライトととて使用されており、

長時間ブルーライトを浴びると、エネルギーが強いため、

目の奥での錯乱やちらつきを起こすこともあります。

このブルーライトを発するデジタル機器は、近年では子供から高齢者までに広がっており、

人工的な光であるブルーライトの人体的な影響が懸念されています。

ブルーライトが目に及ぼすさまざまな影響

ブルーライトは他の色の光に比べて波長が短いため、

長時間見続けていると、まぶしさや目のちらつきを感じることがあります。

そのため視力や疲れ目など目に悪影響を及ぼすことがあります。

目の疲れ

ブルーライトは、他の色よりエネルギー量が強いために、

網膜へのダメージや、瞳孔を縮めようとする作用で目を酷使し、

目の疲れに加え肩や首の凝りなどにも影響を起こします。

眼精疲労

目の疲れと眼精疲労には違いがあります。

目の疲れとは、一晩ぐっすり眠り、目に休息を与えれば回復しますが、

眼精疲労は休息や睡眠を取っても、症状が治らないものを言います。

眼精疲労の初期症状は、目のかすみや痛み、まぶしさや目の充血などです。

悪化してくると、頭痛や吐き気を伴い身体にも悪影響を及ぼすようになります。

視力低下

ブルーライトが網膜の中心部にある黄斑に達することにより、

視力低下を引き起こすことがあります。

特にスマホやゲーム機の様に、

目を近づけて長時間使用するものは、

ブルーライトの影響が特に大きいと考えられます。

目のピントを合わせる毛様体筋にも負担を掛けるので、

老眼の進行や、若い人に多いスマホ老眼を引き起こすことになります。

目の病気

ブルーライトが黄斑に達することによる視力低下と共に、

黄斑がブルーライトによるダメージを受けることで、

「加齢黄斑変性」と言う目の病気の原因になることがあります。

「加齢黄斑変性」は加齢とともに起こりやすくなる病気ですが、

黄斑がブルーライトの影響を受けて変化すると、

物が歪んで見えたり、視野の中心が暗くなる、欠けるなどの症状が出て、

失明を引き起こすこともあります。

目以外への影響

ブルーライトが視力だけでなく、身体全体へも悪影響を及ぼします。

特に睡眠に影響を起こすことがあります。

人体におけるサーガディアンリズムと言われる体内時計は、

ブルーライトを受け続けることにより、体内時計が狂い、

睡眠障害に繋がります。

また精神不安や発がんへのリスクも高まることが分かっています。

目に及ぼす影響を予防する方法

ブルーライトが目に悪影響を及ぼすのであれば、

それを予防する方法を考える必要があります。

パソコンやスマホを使用しないと言う選択が手っ取り早い方法ですが、

今や生活必需品とも言えるので、パソコンやスマホを使用しないと言った、

選択肢は難しい人が多いはずです。

では、どんな予防法があるのかを考えてみましょう。

休憩時間を作る

長時間のパソコン・スマホなどの使用をしないことが、

最も有効なブルーライト予防になります。

1時間ディスプレイを見続けたら、15分の休憩を取るなど、

目を休ませることを考えましょう。

休憩時間には遠くを見ることで、

ピント合わせが苦手になった毛様体筋もの運動にもなり、

老眼予防にもなります。

ブルーライトをカットする

パソコンやスマホのディスプレイそのもの明るさを下げると、

光りの影響を少なくすることができます。

見にくく感じない程度まで、明るさを下げてみましょう。

スマホのアプリの中には、ブルーライトを軽減を自動でしてくれるアプリがあります。

手動で軽減するのが面倒な人におススメします。

ディスプレイの明るさ調節

パソコンやスマホのディスプレイの明るさを調節することで、

目に対しての光の影響を少なくする方法です。

最初は暗さに少々違和感を覚えるかもしれませんが、

段々慣れてきます。

明るさの調整は見にくくない程度を考えましょう。

パソコン画面のブルーライトをカットする

ディスプレイの明るさを調節よりも、もっと効果的な方法として、

パソコン画面を設定変更でブルーライトカットします。

Windowsパソコンの場合

一般的に使用人数の多い、Windowsパソコンでの

設定方法をご紹介します。

  • デスクトップ上で「グラフィックプロパティ」を開きます。
  • 詳細設定モードを選択します。
  • ディスプレイから「色調整」を選択します。
  • 「青」を選択します。
  • 青色の数値を記憶しておき、明るさ「-20」に設定する。
設定終了後は、画面の色目に目が慣れるまで10分くらい掛かるでしょう。

この設定変更でのブルーライトカットは無料でできるので、

一度試してみましょう。

もちろん、効果が見られない場合や違和感が続く場合は、

いつでも、元の設定に戻すことができるので安心です。

MacOSの場合

  • システム環境設定を開く
  • ディスプレイを選択する
  • 「Night Shift」を選択して時間設定をする
パソコンを使用していて、目の疲れを感じる人にはおススメの設定です。

ブルーライト対策用メガネを使用する

ブルーライトをカットして目を守るための眼鏡がブルーライト眼鏡です。

パソコンを長時間使用する人は、このブルーライト眼鏡を使用することを、

眼科の医師も推奨しています。

効果のあるブルーライト眼鏡を選ぶ方法について、ご紹介してみましょう。

  • 色がついたものを選ぶとブルーライトのカット率が高い
  • フレームは軽いものを選ぶ
  • 眼鏡専門店で購入すると着け心地の良いものが選べる

100均一でもブルーライト眼鏡を販売していますが、

レンズの質もあまり良いとは言えず、毎日使用するものなら、

性能の良いものを選びましょう。

また色付きレンズの方が、ブルーライトを軽減するのに効果的ですが、

色を重視するような職業の場合は、ブルーライトのカット率が低くなりますが、

極力色の薄いレンズを選びましょう。

老眼の人には、度付きのレンズを選ぶこともできます。

その場合、眼科での相談をおススメします。

また遮光眼鏡も、ブルーライトカットに有効で、

きっちりと作られた遮光眼鏡は、正面からだけでなく、

上や側面などからも入り込むブルーライトもカットします。

液晶保護フィルムを使用する

パソコンやスマホの液晶画面に、専用フィルムを張る方法もあります。

パソコン用・スマホ用と専用のフィルムが売られています。

眼鏡をかける必要もなく、ディスプレイの明るさを調節する必要もなく、

ブルーライトを軽減できます。

煩わしいことはしたくないと言う人向けですが、

空気を入れずに液晶保護シートを入れるのは、

少し難しいと言う意見もあります。

スマホはアプリでブルーライトをカットする

スマホのアプリで、ブルーライトフィルターと言うものを掛けることができます。

どのアプリでも言えることですが、

無料版の場合、広告表示などが出ますが、

有料版の場合は、広告は表示されず、タイマー機能なども使用できます。

アプリをインストールするだけで、ブルーライトカットする機能が自動にONになり、

見た目には少し黄色が強い画面となります。

夜間のブルーライトが特に有害なものと考えられので、

タイマー機能のついているものは、

夜間にフィルターが掛かる設定しておくと良いでしょう。

ブルーライトから守ってくれる栄養素を摂る

ブルーライトから目を守ってくれる栄養素はルテインです。

抗酸化作用の高いカロテノイドの一種で、

目の水晶体や網膜の色斑部にある色素で、

網膜をブルーライトを守ってくれます。

ルテインを多く含んでいる食材

  • ほうれん草
  • ブロッコリー
  • ケール
ルテインは体内で合成することができません。

食材から補給する必要があります。

まとめ

ブルーライトが視力や身体に多くの悪影響を与えます。

特に視力には大きな影響があります。

仕事上などでパソコンを使用したり、

スマホの使用をやめる訳にはいかない場合、

ご紹介したブルーライト軽減を試してみましょう。